So-net無料ブログ作成
検索選択

ヴァレンタインに蘇る、居心地のいいカラダ。 [からだのこと(リラックス)]

IMG_1881 2.JPG
Happy Valentine's Day[キスマーク](遅くなりましたが)

私の働くas ・i・am/aparmtnetでは、先週から千紗さんアキラさんリレーのカラダと心をほどく施術週間でした。受けてくださったクライアントさんから、とても嬉しいメッセージをいただいて.....


カラダがほぐれてはじめてわかること。
それは「ああ...すごく疲れていたんだなということ」。


お客様のメールを拝借して.........

アキラさんのおかげさまで、本日調子いいです~~。
施術していただくと、あぁー凄く疲れてたんだぁーってわかります。。
なかなか疲れが抜けないなーとか、とにかく体がパンパンだーとかは
思っていたのですが、、。
アキラさん、そして千紗さん、に感謝です!
そして来週のあやさんトレーニング。楽しみです~
体がどんどんよみがえっていく感じです。」

まさに、その感覚。私も同意です。千紗さんやアキラさんたちの施術はもちろんのこと、リストアティブヨガなど完全受け身のリラックスするためのヨガを行ったりしたあとにはじめて......自分がとても疲れていたこと、カラダを酷使していた部分的なパーツなどを認識したりします。気付かなければ、どうなっていたのでしょうか? 少しずつ体調が崩れていき、なんとなく不調な毎日のなかで、一生懸命エンジンをかけようとアクセルを踏んだいたのかなと思うと、恐ろしいですね。


私たちのカラダの健気な機能、ホメオスタシスを知っていますか?

これもすべては、カラダのホメオスタシス(恒常性維持機能)のためですね。たとえば、冷水をかぶったあとは、最初はちょっとしたショック状態で抹消血管が収縮し、皮膚の温度は急激に低下します。しかし、そのあとはその反動で心拍数や拍出量も増え、血行がよくなって皮膚温が上昇する。人前でスピーチをしたら、顔も赤くなり心臓がドキドキするけど、終わって席に着いたらまたそれが通常モードに戻ってくる。 つまり、やじろべえのように一方に偏らず、常にバランスをとって安定をはかるようなメカニズムで恒常性をたもっているんですね。

私たちのカラダってなんて健気なんでしょう。

悪い状況にも、そしてもちろんいい状況にも、順応して、安定を保っていく。しかし、もしそうであるならば........みなさんはどちらの状況がいいですか?

当たり前ですが、私は「いい状況」「いい感じ」「居心地のいいカラダ」がいいなと、この愛の溢れる日に思いました。いい感じを再びつかんだら、もう大丈夫。あとは、その感覚の方向に向かっていく、私たちの力を信じるだけ。


nice!(0)  コメント(0) 

水分補給と筋膜の関係、そして2月のアキラさん整体。 [からだのこと(リラックス)]

 

寒いけど、確実に日差しが春へとシフトしてきましたよね。そして乾燥も甚だしい日々です。

冬の水分補給について奮闘している話を前回のブログに書きました。そしてあのブログを書きながらも、ふと自分で疑問に思うことが出てきました。さらにふみいったマニアックな話になります。

 

 

体がかたい人は、体内の水分が不足している?

 

前回のブログで「うるおったシューシーな筋膜は幸せな筋膜だ!」ということがお分かりいただけると思います。私の日々のお客様の体と対話をさせていただいているときの感覚としてですが、体内水分量が足りていない、乾いているかもしれない人ほど、体の奥深くが滑動しにくく体が硬い気がします。どうですか?? そして、そこで疑問に思ったのは、外からの水分補給で、筋膜にまで、その潤いは届くのか?ということです。


いろいろ調べてみたのですが、こちらについてはまだ明確に発言している人が少ないのですが、有力そうな意見をひとつ。


水分補給の前に、そして体を動かす前に、

やっておくべきこと......それは受動的に体をリリースすることだった。



「水を飲むことはもちろん大切で続けるべきである。しかし、潤いを失った筋膜を持つということは、細胞の中に小さな折り目ができているということになるので、水を飲んだとしても実際は、乾燥しきった筋膜には届かず、尿として出てしまう。渇いた砂漠のような筋膜に水分を届けるために、まずいちばんはじめにすべきことは、くっついて癒着してしまった筋膜を丁寧にリリースしてあげることだ」

 

とのことでした。丁寧にリリースとは、やはりいちばんは施述者の手を借りること。乾燥したり癒着をした疲弊した筋膜は、定期的にでも、ちゃんと受動的な力(他動的)で緩めてあげることが必要ですね。

 

そのあとの水分補給は、すっと、体にも筋膜にも、染み込んでくる気がしませんか?

 

 体のなかに流動性を感じられるように、リラックスしたり動いたりすることが大切だなと感じる日々です。

 

 

ということで、毎回お待ちかねのアキラさん整体は詳細は

スタジオのページからもどうぞ。アキラさん整体(2/13~)

はじめての方も安心して受けにいらしてくださいね。

〜以下は2/2の空き状況です。〜


<アキラさん整体>

肘と手のひらをゆるめて冬の肩こりを撃退!

2/13(土)→14時半、18時

2/14(日)→11時半、13時、18時、19時半

2/15(月)→10時、11時半、13時、19時、

90min ¥17000

20160128_4126350.jpg

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

私の都合か?カラダの都合か? 〜お茶で体の声を聞く練習〜 [からだ(spirits)]


なんだか最近「カラダの声を聞く」が自分的にキーワードです。でも、はたして、それ、本当にできてるのか?について考えてみたいと思います。

というのも、先日受けたELLE JAPONさんの取材でも、食へのこだわりは何ですか?と聞かれて、「こだわりがないのがこだわりみたいなものですが、カラダの声を聞いて食べてます」的なことを答えました。.....本当に私、そんなにかっこいいことできているのか? とふと不安になり、じっくりと考えてみようと思いました。


一般常識になりつつある、hydrate=水分補給の重要性。

まず、いちばん、身近な存在でもある「水」の取り方について。

私たちのカラダは水が必要不可欠で、そして、カラダの6,7割位は水でできているということは、もう周知の事実だと思います。だからこそ、カラダが干上がってしまわないように、hydarete=水分補給の大切さがうたわれていますよね。夏は熱中症の危険もあるので、特に注意をはらっています。

私のトレーナーという仕事はカラダを動かす仕事で、そしてそれだけでなく、ずっと話ししている。(レッスン中ですよ。) 動くことによってカラダから水分を失い、話すことによって口からも水分を失い、そして冬はさらに外気の乾燥によって、または暖房の乾燥で、カラダの中にいたっては夏よりも、冬のほうが水分が失われている気がします。ここ数年でやっと気付いたのですが、レッスン直後は、軽い脱水状態になっているということ。。


人生初の貧血を経験して、高まる水分&酸素補給アテンション。

レッスンが終わると、どうしていつも頭が痛くなったりぼーっとするのだろうと思ってはいたのですが...これが原因でした。軽い酸欠と脱水状態。なぜ気付いたのかというと、1年ほど前、レッスンが終わったあとに、素敵な銀座の立ち飲み屋さんにいって、見事人生初の貧血になってしましました。当然ですよね。自分のカラダを甘くみていました。それから、私の水分&酸素供給アテンションが高まります。


まず、レッスン中の自分の行動を、なるべく客観的に分析してみました。


1集中してほとんと水分を取ることを忘れてしまう。

昔から、その傾向は強いのですが、夢中になると、水分はもちろん、ご飯も、トイレも行かなくなってしまうことがあり..........。まったくカラダの声を聞いていませんよね。猛省です。集中したいのは自分の「気持ち」であって、カラダは少しずつ干上がって、悲鳴をあげているはずです。


2お腹を空っぽにしておきたほうが集中しやすい、と思っている。

1と少しリンクする話しかもしれません。確かに、ランチのあとなど、満腹状態では集中力もそしてお腹にも力を入れにくいので、お腹を空っぽにしておいたほうが「ラク」という習慣ができあがってしまっていました。固形物をたくさん入れることはいまでも抵抗はありますが、 水分欠乏状態の恐ろしさをよく考えたら、そんなこともはや言ってはいられません。ガバガバ飲まずに、チビチビ飲む。そうすればいいだけです。実際、そのほうがカラダへの浸透率もとてもいいそうです。そして、この2の考えも、自分の都合のため。私のカラダのためではありませんでした。


3冷たいものを取るとカラダが冷えるという恐れ。

そういう女子は多いのでしょうか? 私も寒がりなので、一年中冷たいものを避けてしまいます。もちろん、カラダを冷やしていいことなんてひとつもありません。でも、解決策は簡単。常温のものやお湯、お茶を用意すればいいだけのこと。この3の発想は、一見、カラダの声を聞いているかのような錯覚に陥りますが、その一面だけを捉えて固執してしまっています。いい面もあれば悪い面もある、常に、なんでも、裏と表から考えられるような広い視野が必要ですよねw


上の三つの傾向に、同意してくださる方も多いのではないでしょうか? 一生懸命やると陥りがちな罠でもありますが、でも、そもそも、一生懸命やるって誰のためなんでしょうか?それは、むしろ自分自身の気持ちのため、満足感のため? 私のカラダもクライアントさんも、そんなことを求めていないのかもしれない....我に立ち返りました。。カラダの声を聞くことは、想像以上に奥が深いですよね。


うるおったジューシーな筋膜は、とても幸せな筋膜だ。

では水分は、私たちのカラダの内部にどのような影響を与えるのでしょうか?ざっくりとその機能を思い浮かべると、体温を保つこと、老廃物を排出すること、そして関節や筋膜に潤いをたもつこと。特に注目されている筋膜。筋肉はもちろんなのですが、骨、血管、神経、内臓、細胞までも包んでいる水とコラーゲンでなる半透明の膜で、私たちのカラダの内側、奥深いところまで全身をひとつにつなげる筋膜です。

筋膜が健康で、みずみずしくあればあるほど、筋膜と筋膜の間に潤いが生まれ、筋肉の動きが当然スムースになります。ところが、手術を受けたり怪我をするなどの身体的な外傷、それを補うために習慣づいてしまった動作の癖、精神的なストレスの蓄積、仕事でのルーティーンな動作.... こういった状態が続くと、やがて筋膜は水分を失い、周辺の筋膜との癒着を起こし、その制限は、ドミノのようにカラダのあらゆる場所に広がっていくのです。なぜなら、カラダはつながているのですから.....。

ということで、様々なストレス環境の中、適切な水分を取ることは、健康な関節、幸せなカラダへの道でもあることが明確です。


楽しむことが一番パワフル!
飲みたくなる[黒ハート]お茶で、カラダの声を聞く練習。

上の1.2.3の理由で、水分補給を忘れてしまっていた私ですが、ふと気付きました。そうだ、楽しむことがいちばパワフル!「こうしなきゃ」と意識して思っても、楽しくなくては、おいしくなくては続かない。ダイエットでもトレーニングでも、結局、同じことがいえると思います。最近、はまっているのが杜仲の青汁。ふたを開けないとシンプルなミネラルウォーターかしら?と見間違いますが、開けるとストーンとお茶パックが落ちてきて、本格杜仲茶に早代わり。このぷわーっと広がる深いグリーンと、本格的な味を味わいたくて、レッスン中、飲んでます。たまに歯が緑色になるけど、それもご愛嬌w

これはカラダの声を聞いているのか? ふと疑問にもなりますが、カラダが求めてくるようになるまではこれでいい。現に、水分を取ることで頭痛もなくなってきたし、気持ちも落ち着くし、自分の中のliquidをより感じられるようになってきました。人って、必ず、気持ちいい方に向かっていく...そう信じています。 だから、がんばらなくても、無理しなくても、無意識に私が水分補給できる日も近いはず。


みなさん、楽しんで、体づくりしてますか?
IMG_1483.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

ストレッチ&リリースの極意、Take your time〜解けない魔法はないから〜 [からだ(spirits)]

前回は「ストレッチは人生のトランスフォーメンションだ!」というお話をさせていただきました。特に体の奥深く、筋膜をストレッチすることによって、そこに溜め込まれるという感情やストレス、私たちが過去に経験した身体記憶が解放されたり、そしてその筋膜に経絡(ツボ)があるとも言われているので、経絡の流れ、気の流れ、血液の流れまでよくなるという考えからでした。

今回は、「なぜ自分でストレッチするのか?しかも時間をかけてについて考えてみたいと思います。

そんなに体の奥深くだったら、ベッドに寝て受け身で誰かセラピストにやってもらえばいい…..
ナマケモノは思わずそう思ってしまいますよねw 


内臓を掘り起こされちゃった?感覚。
チェンマイでのintensiveなチネイザン。




チェンマイで3日連続でチネイザンという内蔵のマッサージを受けました。何が何でも早く結果を出したいというよりは、「旅って時間が限られている」だからと思いたいですが、私の中にも「早くよくなりたい」という欲があったのかもしれません。初日、あまりの痛さと鉄板のような内蔵の硬さに不安になりました。私…どこか本格的に悪いのではないかしら…..?二日目、24時間たってないですからね、さすがに進歩を感じ、内蔵がほぐれてきている感じがしました。3日目…うんうんa lot  betterって感じだけど….う〜〜〜〜ん。 正直なことを言うと、なんか好きな感じじゃなかったのです。あんまり気持ちよくないというか、納得いかないというか。お腹をぐにゃぐにゃと無理やり掘り起こされてしまった感じというか。エクスキューズしておきますが、セラピストはすばらしい人です。

チェンマイでも有名なマッサージの学校で、このチネイザンはそちらの講師の方だけが提供することになっています。前回も経験したのですが、腕はいい。ということは…明らかに私の問題。そしてさらなる問題は、今度は週に1度のペースで3回おいでよと最後に言われたこと。推奨はやっぱりそちらなんですw


能動的なストレッチを、どこまで受動的にできるか?

お腹のぽっかり感を抱えたまま、陰ヨガ(ディープストレッチ)の集中WSに突入。もちろんストレッチとはいえ、自らの意思で体を動かさなくてはならない能動的なものではあるけれど、この陰ヨガはできる限り受動的に、頑張らずに、inwardにdownwardに落としていきますそれは例えば股関節をまたぐ大腰筋を伸ばすように、体のもっとも内側の奥の部分を背骨からぐーっと引き剥がしていく感じ。陳腐な例で申し訳ないですが、チキンの丸焼きの足の部分をぐっと引っ張った時に、しゅーとくっついてくる足ではないお腹につながったあのお肉の部分です。

それはじわじわと、1mmずつかもしれないけれども、何分という時間をかけて、でもある点で
「あ....剥がれた」という瞬間があって、そこを超えるとふわーっと体全体の力が抜けるんですよね。もう自分で頑張ってひっぱらなくてもよくなるんです。体のつながりを知る瞬間

それにはじっくり時間がかかる。でも確実に変化する

能動的なストレッチを受動的にするためには...この頑張らないところまで、じっくりもっていくのが大切なんですね。勝手に剥がれる場所へ。


変化する自分を自分で見届けたい。私は面倒な女

うまく言えないですが、生物の変化って、やはり時間がかかるのがナチュラルなことなのかなと、体をもって納得させられてしまいました。

だから焦っても仕方ないw 

その自分が変化していく様を、自分自身が生き証人のように見届けるこの満足感と達成感、そしてハッピー感は半端ないと思うのです。その過程を踏むことが本当の意味でのリストア(回復)なのかと思いました。やっぱり私は自分で治したい。私は面倒な女なんです。セラピーや施術が悪いわけではまったくないです。ただ、この完全に受け身なものは、自分の状態を知る、自分の状態に気づくというはじめの第一歩として利用するのはすごくいいと思います。触られることで、自分の体の意外な発見はものすごくあります。ただ、結局、最終的には自分自身でそれをリリースしていく必要があるのではないでしょうか? 自分の中で不必要な、いつでも出るチャンスを狙っている、出したくて出したくて仕方のないものを。

それが本当の意味で、デトックス、purify浄化なのでしょうか? 

このプロセスをたどっていると、次にこういう状態になってしまう前に手が打てる。経験しているから。もしかしたら、自分で治していく、良くなっていく方法を見つけることができるかもしれない。

そしてこのプロセスに、焦らず時間をかけて寄り添ってくれるセラピスト(うちでい千紗さんアキラさん)たちは本当に偉大だなと思うのです。


それでもあなたは魔法にかかりたいですか?

自分のペース(生物のペース)にない変化をゲットしたとしても、何よりも、きっと気持ちよくない魔法にかかったamazing感はあるかもしれませんが達成感とか充実感はないと思う。そして残念ながら、解けない魔法はありません

Take your time…..

生きることは時間がかかる

ストレッチもね。食べて、仕事して、掃除して、お風呂入って、眠って、お洒落して、散歩して、本を読んで、セックスをして、音楽を楽しんで……..楽しむことは時間がかかる。



だからこそ、魔法はでなくて、自分で起こす変化を楽しんでいきましょう
FullSizeRender.jpg

タイのマッサージの学校で。
体の地図は、ずっと見ていても飽きない。
そしてじっとしてみていることができない。
絶対...足、触っちゃいますよね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ストレッチはただの気分転換やファンシーなポーズをとること?それは人生のトランスフォーメーション。 [からだ(spirits)]

IMG_1237.JPG

 

ボディワーカーたちの集うタイの古都。チェンマイへ。


年始は、自分自身のリフレッシュのため、いや壊れかかった自分をリストア(修復)するため、チェンマイ修行に行ってきました。


 

チェンマイは世界中からボディワーカーが集まる町です。タイマッサージをはじめチネイザン(腸マッサージ)にカルネイザン(生殖器マッサージ)ヨガや瞑想など経験することも学ぶことも盛んです。


しかし、心身が疲弊する、壊れるって一体どういうことなのでしょうね?調子が悪い時ほど、心とカラダのつながりを感じられるから不思議です心が元気な時は、多少カラダに疲れを感じていても、見て見ぬふり、気づかぬふり、いやカラダが本当に感じなくなってしまっているのだと思うのですが、鞭打って突き進んでしまえる。これは麻痺ですよね。


 そしてその状態がたたると………こうなる。


こんな時にいつも、健康って何だろうって思ってしまいます。少しぐらい調子が悪い方が謙虚になれて、自分のカラダの声を聞こうとするのかもしれないですね。心身が壊れるとは.....そのもの自体が壊れるというよりは、バランスを失ってしまうということのような気がします私たちが本来もっているはずの、バランスのいい状態、たとえば交感神経と副交感神経がいい感じで働くとか.....そういったものが壊れた時に何をすれば、バランスを取り戻せるのか.......


いつもいつもそれを探しています。


その一つに、私は「旅」をお勧めします。そして、ここ、チェンマイは自分の(カラダ)の内なる旅もできる、(もちろん外なる旅もね)ボディワーカーたちのperfect placeなんですね。

 


ポーズなんてどうでもいい!? 陰ヨガのワークショップを受けて。


今回の旅は、象にも乗りましたが、YIN YOGA陰ヨガの集中ワークショップへの参加も目的でした。


 Energy is everything!! When you can understand how to move energy the world is yours!!  Yin Yoga isn’t just about the fancy poses, it’ s life transformation, which takes place from within


 陰ヨガとはものすごく簡単に言ってしまうと、ゆっくりと時間をかけて行うディープストレッチのようなものです。「ただ、ファンシーなポーズをとって体を伸ばすものではない、自分の体の内側から起こる人生のトランスフォーメーションだ!」という上の宣伝文句にぐいっと心を掴まれて、思わず飛んでしまいました。今回、数日かけて、じっくりとこの「ストレッチとはんなんぞやと」いうことをあらためて再体験することによって、心の底から私もそう思うことができました。Lek先生は、陰ヨガはストレッチなんかじゃない...ともおっしゃていましが、私は、怒られてしまうかもですが、ストレッチでさえ変容だと思いました。


 

だってアーサナ(ポーズ)なんて重要じゃないんですもの。



 自分の体の内側との対話であるわけだから、外側から決められた既成のポーズなんかにあてはまらなくっていい。個々の体が異なるように、可動域の範囲だって感覚だって違 います。自分の形で、自分の感覚で感じられる場所ならどこでもいい。


 カラダの内側、インナーボディの声を聞く。


 体の内側を感じる、耳を傾ける最高のトレーニングになったのは言うまでもありませんね。フィジカルボディ(体の外側)は私たちのインナーボディ(体の内側)で起こっていることの現(manifestation)でしかないということ。だからその内側から解放してリリースしていかなければ、本質からの変化は起こせないよねという話。今回はエナジーワークだったので、骨や筋肉を考えるというよりは、もっと《気》の流れを重視しました。人の体の歪みはけっしてフィジカルボデイ(肉体レベル)だけではなく、身体記憶というのでしょうか、感情、思考、トラウマ、病などそういったもので制限されていくこともあるんですね。


 最近のボディワークではそれが、筋膜に溜め込まれると言われています。


だからこそ!!!!! リリースしたいのは表層の筋肉だけではなくて、そこ!その、骨、筋肉、血管、神経、内臓、細胞をつつんでいるコラーゲンで成る半透明の筋膜なんです。私たちの体の内側、奥深いところ そして全身につながったこの筋膜。



私たちの心はどこにあるの?


ここでふと、こんなことを思い出しました。解剖学的に言えば、私たちの心=脳は、頭のなかにあるというかもしれないですよね。でもヴィパッサナー瞑想などでは心は全身にあると言われます。理由はもちろん、それをブッダが悟ったからなのですが、心はカラダの原子ひとつひとつにあるといいます。(詳しい話はまた次回!)世の中に存在するすべてのものは、同じ素粒子から成ると考えればまあ、そうなですが、いままで、自分の中でなんとなく掴み切れていないものがありました。しかし、この筋膜のことを考えれば、合点がいきますよね。だって、筋膜は、カラダのその、骨、筋肉、血管、神経、内臓、細胞、すべてをつつむ膜で、つながっているわけですから。そしてさらなる体験で、心が全身にあることを確信しました。


 

筋膜に溜め込まれたenergyをリリースするとどうなるのか?


 これは私の個人的体験ですはありますが、リリースしたせいなのか、コースの2日目は朝から晩まで頭痛に襲われたり(辛かった)、夢をたくさん見たり、涙が出たりしました。いやあ、ちょっと最近気付いてしまったのですが、こういう時、私は片方の目だけからつーっと涙が出るのです。多分、これ、自分解放中。


 ゆっくりと時間をかけて、静かに、じわじわと解放していく。


 「あなたの体がいまそうなっているのは、あなただけのせいではない。過去の経験、解放できなかった部分も原因だよと」言われたら、みなさんはどう思いますか? 私はわくわくしてしまうタチです。だって、それは、もっとよくなれるということだから。 でも、忘れてはいけないのは、解放されなかったものは、必ず、いつか、何かの形でcome outしてくる。それらは出たくて出たくて、うずうずしているものなのです。それはいろんな形があると思うけど……(ちょっと想像すると怖いですね)


 私は地道にストレッチしていこうかなと思いました。


 ご一緒にどうですか?

 


 ボディチューニングは柔軟性と安定性を養う、自分のカラダを感じながら正しく動くボディワークです。ストレッチと軽い筋トレのコンビネーションになっています。as・i・am/apartmentにお問い合わせくださいね。

 

IMG_1199.JPGIMG_1102.JPG
IMG_1103.JPG
IMG_1090.JPG

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:美容

下腹ぽっこりを凹ますために、まだ激しい腹筋をしていますか? [からだ(お腹)]

そろそろ.....カラダも心もエンジンかけはじめている頃でしょうか?

私のLINEにも
「早速、正月の激太りでパンツが全然入らないw トレーニングお願いします!」
というメッセージが入っていて、あ....みんな動きたくなってきたなーって
気配を察しています。ゆっくりエンジンかけていきましょうね。



恒例の年末ワークショップの一コマなのですが、

朝、クラスの前に、今日、何がしたいですか?と、レッスン前にみなさんに伺ったところ

「お腹にぐっと効かせたい」という回答が。

これはナイス質問と思い、利用させていただいて、かわいそうですが切り込ませていただきましたw

 

 

「昨日もクラス受けて、今朝は足腕背中にはキタって感覚があるんだけど、お腹にはないんです。」

「キタって感覚が欲しいの?」

「はい、使った感があるので。」

「ふうん….使った感。なんのために?」

「……………….いや、私は普段から腹筋がないと自覚があって。姿勢よく立ちたい、そのためには腹筋が必要と思って」

「ふうん…立つために。立つ時は腹筋だけで立っているのかな?」

「………………いや、歩く時も。ふらふらするんです。もっと安定したいなと」

「ふうん…歩くために。歩く時は腹筋だけで歩いているのかな?」

「いや………。ですね。笑」

 

 

というように、矢面に立たされて本当に申し訳なかったですが、

多くの人がこのトラップにはまっているのかなと思って、利用させていただきましたw

 

人て、なんて努力が好きなんだろうかと思ってしまいます。

「やった感」「キタ感」「がんばる感じ」「達成感」

それが得られないとむしろ不安になる。

努力しないで手に入るなんてありえない…..

本当にそうでしょうか?

それって、世の真実?宇宙の真理?

 

多くの人がそのトラップにはまっているような気がしますが、

私がやっているボディーチューニングやヨガとかボディワーク系は違うと思うんです。

Do more with less power!

ブルドーザーで落ち葉を動かす愚をやめましょう、というものですから。

楽して、頑張らないで、まるで息をするようにさり気なく、美しいアクションをこなしていく….

目指すところはこんな感じです。

必要最小限の力で、最大限の効果を出す....それが理想ですよね。

 

まあでも、腹筋を使いたいんだろうなと思ってw

そして中でも、姿勢や歩くことに必要なのは下腹の腹筋と分析して

それが使えるように下準備をいっぱいしました。それが唯一の努力かもしれませんね。

骨盤がニュートラルポジションに入らないと、特にこの下腹の腹筋は使えないのです。

なんとかしてみなさんの腸骨をすきっとあげたい。

ということで股関節の可動域を上げる、すなわち、大腿骨の内旋と外旋、

どちらも可動しやすくなるように柔軟性をあげていく。

 

写真がわかりやすいですが、腸骨がしっかり引きあがることで、

肋骨より上の状態も引きあがって、あらあらあら…..みなさんの下腹がすっきりフラットに。

コメツキバッタのような腹筋を何百回もやるなんてナンセンスですよ。

むしろ、腹筋の表面、6packsは固くなるかもしれませんが、下腹は意外にもポッコリしたままのはず。

もっと中の方の筋肉と使いたいのです。

「キタキタキタ」感は得られるけど、望んでいる結果は得られない…….

 

ということで、2016年は、これをテーマに動き染め。

2日間、同じ「下腹&ウエスト」をテーマにグループクラスを行います。

字面だけ追っていると難しいですが、体験すると合点がいきますよ。そんなに難しいことではない。
ご予約開始いたしますー。AYA
 

 

<BODY TUNING for BELLY 動き初めワークショップ> 各90min

 IMG_0807.JPG

●1/9()11体側サイドライン狙いで、下腹の緩みをスッキリ(才賀ふみ

 

●1/10()10しなやかに強く絞りだそう!ウエストツイスト大作戦(小泉真由美)

 

【ご予約】
gyrotrip@yahoo.co.jp
【料金】

入会金 free
体験レッスン     ¥2,500
1回券 ¥3,500
5回券 (2ヶ月有効) ¥15,500
10回券(2ヶ月有効 ¥28,000

 

初心者の方も、ぜひどうぞ!!!

 

 


nice!(0)  コメント(2) 

New Year's resolution [からだ(spirits)]


あけましておめでとうございます。


ゆっくり動いています。いや、ゆっくり、日常動作をするように気をつけています。


29歳から70歳までの女性にお集まりいただいたワークショプですが
as i amのブログに書いた「?下腹ぽっこりが凹む現象?」以外にも、素敵なシーンが多くありました。
ゆっくり歩くということを徹底的に味わってみたのですが、
90分、呼吸から足の裏からすべてを準備して、最後….
再びゆっくりみなさんに歩いていただきました。その時のお題はひとつ。

「かつで自分が、歩いている時に感じたことのなかった感覚を探してみてください。」


内心.....でるかしら….どドキドキしていたのですが

1「足に爪があることを思い出しました」
2「ずっと心がさまよっていたんだけど、最後にほんの一瞬だけ集中した感じがわかった」
3「左足を出す時に、いつも重心がぶれる」
4「目的もなく、ただ歩くだけなんてしばらくしていませんでした。なんて難しいんでしょう!」


10人ご参加いただいたのですがほんの一例です…..みなさんのカラダの感性に感動するとともに、まさにこれが、自分の中から答えを探すということなんだなと実感しました。
これは新年の抱負を考えるヒントになるのではないでしょうか?
とても個人的な解釈で恐縮ですが...たとば、ボディワーカーの私がイマジネーションしてみると


1何か大切な部分を忘れてしまっていたのかもしれない。でも確実にそれは自分の一部。とても小さな取るに足りないように感じたものだけど、いちばんに目に入るもの。自分も、そして他人からも。(マニキュアを塗れば)美しく磨いてあげれば、それは逆にとてもattractするほどパワーがあるものなのかも。
2さまようことは探すこと。ずっと何かを探してる? これ!と決めて一歩踏み出してしまえば、意外にも安定するのかも。もし間違えていたら??? またやり直せばいい。ただそれだけ。
3陰陽で考えると、左側は女性性、右側は男性性だそうです。左は慈悲や思いやりのこころ、右側は積極性、がんばる感じ。そんな左側をもっと大切に、いや、信じてあげてもいいのかもしれないですね。
4Thich Nhat Hanhは言っていました「?私たちは日々の生活の中で、いつも走り回る癖をもっている。私たちは幸福、成功、そして愛を求め~常に奔走して~ある意味《いまこの瞬間》から逃げているとも言える。しかし人生はいまこの瞬間だけに得られるもの。幸せもいまこの瞬間だけに得られるものだ。走ることを習慣にしていた私たちにとっての一歩(踏み出すこと)は、走るのをやめること。それはまるで革命だ。」


どうでしょうw  ボディリーディング。あくまでも個人的妄想なのであしからず。みなさんの来年への指針になれば幸いです。


みなさんのカラダから教えていただくことが多すぎて、本当に感謝でいっぱいの昨年でした。
スタッフもみんなそう感じています。
また今年も、みなさんのカラダとココロとともに、動いていけたらと思います。


私個人の今年やりたいことは......
うーん、去年はちょっと骨と筋肉でからだを支えすぎたかなと思っています。
酷使したな。と。
もっと違うレベルのもっと大切なもので、動かしたり支えたりできるような気がして。
それ、探してみます。

IMG_0769.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

美しいからだ [からだ(spirits)]

最近、自分がやってきたことを言語化しようと思って
追い詰められていますw

言葉はやっぱり難しい。

でも、、、言語化できないということは、客観視できていないということなのかと思い、
なるべくひいて、クールに、外側から見直してみようと思っています。

さて、そんななか「本当の美しさってなんだろう」と
地球を4周してしまうくらいの重大トピックをぼんやり考えながら生活していた時に、
激しく同意....なインタビューを。

http://convicts.nyc/convicts/nadia-fairfax/
映像見るだけでもアがるかも。

IMG_0731.JPG


彼女は元体操選手だったみいだけど、いまはモデルかと思ったらファッションブロガー。
何が違うんだよっと思ったけど、それはそれは彼女なりのこだわりがw
ぜひ、インタビューでどうぞ。
しかし、ボーイフレンドに「handful(手にあまる人)」
って言われちゃうくらいだから、やんちゃガールなんだろうな。嫌いじゃないけど。

Beauty isn' t a face full of makeup pr an outfit that's too done or a body that's too fit, youdon't have to have a great six packs. 


Beauty is being natural,
being yourself,
and being confident.

美しいってフルメクした顔とかでなくて、too muchにしたお洒落した服でもなくて、鍛えすぎたカラダ...必要ない6packの腹筋をつけることではないと思うの。

美しいとナチュラルなこと、
自分らしいこと、
そして自信に満ちていること。




nice!(0)  コメント(0) 

welcome冬至! そして(引き続き)腎系を大切に。 [からだのこと(その他)]

明日は待ちに待った冬至。
柚子まで買って、待機中。

森羅万象、宇宙のありとあらゆるものは陰と陽に分けられる。
一年の陰陽のenergyも、明日の冬至と夏至を境に入れ替わる。
まだそんなに寒くなっていないので、信じられないが、
明日から確実に陽は長くなる。
陽は次第に勢いを増し、夏至がくるまで増え続ける。
陰極まって(陰が極限まで達して)、陽となるのだ。


陰陽はものの裏表。
しかし、対立しているわけではなく、相互に作用している。
そして突然すべてが切り替わるわけではなく...またゆっくりと変化していく。

冬至は限りなく陰に近い陽といったところだろうか。
寒さはこれからが本番かもしれないが、昼の時間が少しずつ長くなっていき、
春に向かい始める。
病気も吉凶も男と女もw陰陽と同じように、どちらかが増せばどちらかが減る。
いつまでも悪いことばかりが続くことはないし、だからこそその逆もしかり。


次のシーズンに向けて、ひっそりと、確実に準備していきませんか?

23日のホリデークラスは、冬至を迎えつつもこれからが寒さ本番!
冬の乗り越える体に、ボディチューニングしていきます。
ということで、The Kieney Channels(腎系)を活性化させるストレッチを考えています。
ちなみに腎系は陰。 陽はThe Bladder Channnelの膀胱系。
二つは関係しているので、もちろんこちらも一緒に。
図をみていただくとわかりやすいですが、内腿と背面のラインですね。
陽は上から下への流れ、陰は下から上への流れなので、
その流れに合わせて、呼吸をしてみるのもおもしろいかもしれないですね。

The kidney channnels
1658309_1034685916551861_3934243974760932540_o.jpg

The Bladder Channels
IMG_0649.JPG


ちなみに......
冬は人体の陽気は、体内深くにおさまって、気血の流れも体の内側を通るようになるそうです。
皮膚は硬く収縮するので、皮膚から水分が排出されにくくなり、
体内の不要な水分のほとんどは、腎臓と膀胱の働きによって尿として排出されるとか。
だからこそ、軽く動いたりストレッチしたりして、これらの働きをヘルプしたいですよね。
ちなみに、この腎系は五行でいうと水にあたるので、もっとも冷えの影響を受けやすい。
冷えるとその冷えは全身を蝕むものとなってしまいます。
ちなみに中医学では、父母から受け継いだ自分の持っている生命energyを
「先天の気」と呼びますが、それは腎臓に蓄えられます。
この「先天の気」の消長こそが老化である....とするのが中医学の立場だそうです。

最後に腎系が弱いと出る可能性のある症状をあげてみますね。

[新月]?腎系(腎臓、膀胱、生殖器、甲状腺、耳、脳の海馬など)が弱いかも?[新月]?

目の下のクマ
・やたらと汗をかく
・耳の病気
・頻尿、尿トラブル、むくみ
・不安や恐れ
腰痛や坐骨神経痛
白髪、抜け毛
・物忘れ、神経疲労
・歯や骨が弱くなる
・脚が弱くなる


ということで、レッスンに来れなそうな方は、
まず、しっかり歩いてみてくださいね!

このクラス定期的にやっていけたらと思います。楽しみ。



nice!(0)  コメント(0) 

年末スペシャルクラスのお知らせです。初めての方も参加WELCOME! [ワークショップ/イベント]



ヨコで鍛える》4日間

12/26(土)
11時から90min
fumi
?
Bodytuning
SELFCARE

年間がんばった自分のカラダにご褒美!ボールや道具を使っだセルフリリース的ニックをご紹介。お腹、足の裏側、背面まで、やさしく、ゆっくりと頑張らずに広げていきましょう。ぎゅっとタイトに詰まったカラダの細胞と細胞、隅々までに、スペースを!副交感神経が出てふわっと暖かくなる感覚を味わいましょう。


12/27日
11時から90min
?mayumi
?
Bodytuning
Good Posture
?

私の腰は反っているの?お尻は落ちているの?そもそも正しい姿勢って何?運動をはじめようとすると誰もが陥る悩みですが、人の体は千差万別。自分の体はどうなっているかを、検証しながら、正しい姿勢=ニュートラルポジションに近づいていく、ストレッチ&筋トレで、ボディチューニングを行っていきます。

 

12/28
11時から120min.
AYA
 
?
Body Tuning?
EXPERIENCE
?
(Class 1)感じるボディチューニング
~あなたはMotionしている?あなたはActionしている?~


マットの一番前に立ち、あなたはただ立っている……そう、ただ立っている。英語でStnad Still(ただじっと立つ)という言葉がありますが、私はヨガやジャイロ、ボディーワークをしているときは、この状態はないと思っています。なぜなら、ただ立ちながらも(筋肉は骨の目に見えるようん動きがなくても)カラダの内部へと意識とenergyはずっと動き続けているから。それがActionです。残念ながら、多くの人が気づいていないかもしれません。でも、ただムーブメントをしていても、体はたいして変わらない。Actionで体は芯から変化します。そう、Actionは感じながら動くこと。いや、立つことでさえアクションとともに。

あなたはモーションしていますか?アクションしていますか?


詳しい解説をしながらのシンプルな動きのクラスなので、はじめて受けられる方、ちゃんと理解して動きたい方、痛みのある方などにお勧めします。理解して動くと効果も数倍!
12/29火
11時から120min.
AYA
 
?
4Body Tuning
MOVEMENT
(Class 2)感じて動く、ボディチューニング
~ゆっくり動く、Take is slow~


ゆっくり動くことの難しさ&偉大さに、私がやっと気づいたのはチェンマイで3時間の歩行瞑想を行った時でした。歩行瞑想といってもただそそくさと歩くわけではなく、とにかくゆっくり。どれくらいかというと、いま私のいるカフェは目の前の壁まで5メートルくらいあるのですが、そこまで最低15分! もはやスローモーション?という歩みです。今回は、class1で学んだアクションで動く太陽礼拝をベースにどんどん発展させていって、ゆっくり動く楽しさ、気持ち良さ、そしてキツサを一緒に経験していきましょう。
   
[☆]定員8名
[☆]クラス1と2、通常チケット使用可能
[☆]クラス1から4すべて受講の場合はチケット使用可能
[☆]クラス3と4それぞれは5000円クラス

[☆]クラス3と4セットの場合は9000円

タテで鍛える》2日間
 11:00~(120min.)13:30~(2.5hours)
12/28月



3Body Tuning?
EXPERIENCE



[☆]詳しい解説と簡単な動きのクラス
BODY TUNING ?陰陽ミックス

動きとリストアティブヨガの組み合わせになります。
詳しい内容は後日公開。



[☆]簡単な講義と運動、リストアティブヨガのクラスです。初心者welcome
12/29火

4Body Tuning
MOVEMENT

[☆]Slowに動くクラス

Take your practice!?
AT HOME BODY TUNING


参加者、それぞれのカラダにあわせて、この冬にやるべき最適なエクササイズを提案し、それをマスターして持ち帰っていただきます。します。ノートも動画も撮影可能。それぞれの宿題を全員で経験します。

[☆]簡単な講義と運動、リストアティブヨガのクラス。初心者welcome!
[☆]定員8名
[☆]2日間通しチケット→\22,000
[☆]1日チケット→\12,000
[☆]午前のクラスのみ→\5,000
[☆]午後のクラスのみ→\7,500
[☆]午後クラス[×]?2→\15,500
[☆]午前クラス[×]?2→\9,000
(通常チケットは使用できません。)

ご予約 gyrotrip@yahoo.co.jp
【キャンセリングポリシー】
24時間をきるキャンセルは当日キャンセルフィーとして100パーセントの料金、
2daysタテのクラスは、23以降のキャンセルは100パーセントのキャンセルフィーがかることをご了承ください。

IMG_0592 3.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。