So-net無料ブログ作成
検索選択
ritual&ceremony ブログトップ
前の10件 | -

White Lie [ritual&ceremony]

__.JPGFwd:__ 2.JPGFwd:__ 4.JPG__ 1.JPG
__ 3.JPG__ 3.JPGFwd:
そういえば、ここ数ヶ月は白いモノばかりに囲まれていた。
はじめは、ほぼ無意識に。
色ってやはり、その人の潜在意識みたいなものが出るのだろうか。
だとしたら....白は浄化、みぞぎ、物事は明白にする光の色?
まっさらに新しいことにチャレンジしたい時、この白が心地よく感じられるとか??

しかし、チェンマイに行ってからは、意識的に探した。
カラフルな色が溢れるマーケットで、真っ白なTシャツやパンツを探すのは至難の技だった。
寺に入門するにあたってのメディテーション服のルールが
完全なる白いもの、あまり肌の出ないもの、下着を含むだった。
ロゴもだめ。オフホワイトもだめ。
Wat Umongという瞑想寺に行った時に、
このAll In Whiteに身を包んだ外国人のmeditatorたちを見かけて、
すごくいいなと思った。
日本で情報だけを追っていたときは、メディテーションなんて私にできるのかなとか
お寺入門とか怖すぎるなとか思っていたが、
目の前に修行をしている人たちをみて、ぐっと近くなった。
思っていたよりも、遠いものではなく、よりリアルなものなんだなと思った。
とはいいつつ、結局、寺には入門しなかったくせに、
その衣装だけは、躍起になって探してしまった。

おかげで、私にとって「白」の意味が特別なものになった。
それはやはり瞑想とつながっていて、purify=涅槃にかえるもの。
とにかくスペシャルなんだ。
そして白にも、いろいろな種類というか、肌理というか、スケールというかクオリティがあることを知った。
視覚を通してのヴィジュアルとしての白だけではなく、
「触れる」こともできたような気がしてしまった。


そして昨日、白い帽子をもらった。
あ......と思った。
つま先から頭のてっぺんまで、とうとうall in whiteで揃ってしまった。
もう白は卒業なのか?
あたらしいはじまりなのか?
すべての光を反射するだけの毎日は終わりなのか?
もう自分の色をつけていいのか?
物事は十分の形であって、十分はやがてかけるはじまり....だから
さようなら、そしてこんにちは。


自分のカラダの内側を見つめると、すべての答えはそこにあるんだなと痛感した。
それだけが事実。
だから、今夜もメディテーションしてみよう。

注)White Lie.....悪気のない嘘。相手のためによかれと思ってつく嘘。

nice!(0)  コメント(0) 

ナイトクルージン [ritual&ceremony]

夜の街をナイトクルージング。
この日は朝の5時から、失敗ばかり続いていて......
あーーなんかもうだめなのかもと、ネガティブな気持ちも極まった23時。
そんな気持ちの暴走をふっと止めたのは、甘い香り。
その香りの源まで吸い寄せられるように歩いてみたら、
よく見かける街路樹に咲いた小さな小さな白い花たちだった。
アベリアって言うんだっけ。

その懐かしい香りと目の前の光景に
心が少しずつほどけていくような気がした。
内緒だけど、お花をちょっとだけピックアップして臭いを嗅ごうとした。
すると、 その日にしていたくるくると首に巻きつけて着用する
アメアパのインフィニティスカーフのひだの間に落ちた。
「あ.....」と思ったけど、そのままにした。
それから10歩歩くことに、スカーフに顔をうずめた。
いい匂い.......
なんてすばらしいことを発明してしまったんだろう、私。


しかし、こんな気持ちで歩いたのは何年ぶりかしら?
まさか.......15年?!

街も建物も自分の気持ちもすべてすべてすべて。
変わらないものなんてないなと思った。

なんだか気がすんだ。
__ 2.JPG__ 3.JPG__ 4.JPG
__ 2.JPG__.JPG__ 3.JPG
__ 5.JPG__.JPG__ 1.JPG









nice!(0)  コメント(0) 

昇る太陽、満ちていく月。 [ritual&ceremony]

タイマッサージ千紗さんの投稿を見てはっとした。
そうか、昨日は、大切な日だったんだ。
太陽の復活の日〝冬至〟と月の復活の日〝新月が〟重なる日。
それを〝朔旦冬至〟と言うらしい。
19年に一度しか訪れないその日。
でも、なんと次のその日は、38年後、2052年になるらしい。
元気かな....わたし。

この日を境にどんどん日が長くなっていき、
そして月は満月に向かって満ちていく。
月と太陽ダブルのパワー。

千紗さんのメッセージによると、
いらないものを手放すには最適な日。
いらなくなったものはかつて大切で必要だったものとも言えるから、
ありがとうと共に新しい一歩を踏み出す日。」とある。

そうだよ.....ありがとうって言って手放さないと.....
私は〝捨て好き〟だけど、うりゃ〜〜〜と言って捨てがちだ。
ありがとうって大切だ。だって、それはかつては必要なものだったのだから。

私に似ている友も、きのう、無意識に捨てていた。
うりゃ〜と言ってそうだったけど、この日にそれができる彼は、
人間としての、動物としての能力が高いと思った。
守られている。

あとは昇るのみ。満ちるのみ。


nice!(0)  コメント(0) 

スケジュール配信 [ritual&ceremony]

この仕事をはじめてから、毎週木曜日にスケジュールを配信している。
からだというお題で書き続けてもうすぐ10年??
誰よりも私の成長を見守ってくれているのは
クライアントさんたちである。
ありがたい。


たまにはブログにのっけちゃえ。




☆aiaaptクライアントのみなさま☆

先週末、鹿児島で5クラス、ワークショップを遂行してきました。
毎年恒例となっていて、3年目。
私を呼んくださるオープンスペース・ヨガガスタジオも3年目。
今回、しみじみと実感したのは、
当初は〝ヨガはじめて!〟だった方たちが、継続して、
さらに毎年顔を見せてくれて、だからクラスでできることのレベルもぐんと上がったこと。
お客さんはもちろんのこと、スタジオもぐんと成長していること。
やっとのこと、口に出して言えますが、当初から気になっていたのですが
なぜ、私を呼んでくれるのか…..私はヨガの先生ではないというのに!
自身のトレーニングはここ数年はヨガで行っているものの….いうなれば資格はない。
ヨガって言えないから……じゃあ「StayTuned(チューニング)」ね!
告白してしまいますが、そんな始まりだったかもしれない。
ヨガloverにやジャイロloverに違うメソッドをぶつけても仕方ない。
ヨガ道、ジャイロ道を極めたいわけではなくて、ただ人としてHealthyにHappyになりたい。
そんな思いが少しずつ、言葉になって、形になって歩き出しているような気がしました。も
も、もしかして、私も成長してる???????

いやいや、噓ですw 
それもこれもaiaaptクライアントの皆さまの御陰です。
いつもHealthyとHappyの意味を教えて下さってありがとうございます。

怒濤のクラスが終わった後に、深呼吸してみました。
噴火する桜島を眺めながら。
激しい酸欠でした。息が吸えてなかった。
これじゃあ健康じゃないw…..もっと楽に仕事したい…...

自分にできないことを補ってくれるメンバーが周囲にいることにも感謝です。
スペインから、アジアのマインドをひっさげて、エクドルが呼吸ワークショップに来てくれます。
私も今から楽しみです。みなさんも..ぜひぜひ…Healthyへの近道に。

ご予約お待ちしております!

nice!(0)  コメント(0) 

less is more 〜選択編〜 [ritual&ceremony]

人生は選択の連続だ
Life is full of choises〜

なんて言葉を耳にすると…..
そうかなあ?と疑問に思う私はひねくれているのか。
いやいや正直言ってカチンとくる。
選択肢があるなんて….ステキ。

発想を変えて…..

道に岐路がないなんて、ステキ。
迷わなくてすむ。
選ぶこと、吟味することに無駄な時間をかけなくてすむ。
その1つの道を、集中して愛を注いで、そして信じることができる。

迷えない、いや、迷いない私の人生に乾杯!
LIfe is amazing!!!
__.JPG





そんな私は、明日はモノで溢れかえるIKEAに行く予定。
思う存分迷ってやる。

Have a sweet dream!!
nice!(0)  コメント(0) 

as・i・am/apartmentが7歳になりました。Get wild more! [ritual&ceremony]

私の働いているスタジオが7歳になりました。
日々、目の前にあることをせいいっぱいこなしていくだけの毎日が
積み重なって七年目。
ますます「いまを生きている」感じがします。
そんな無計画性はビジネスとしてはイけてないのかもしれませんが、
「生きている」って感じるその瞬間、その一瞬を大切に、
人間の本能を呼び覚ます毎日は、私らしいかなとw


しかし、そんな私と一緒に働いて(動いて)くれるみなさんは
さぞかし苦労のいることだと思います。
私以上の、洞察力と、反応力と、対処能力と寛大な心が必要だから.....
このお休み期間中、まゆみちゃん&薫さんのレッスンを受けて、
そして今日、千紗さんとのTouching Worksをみんなと一緒に動いて、
自覚しました。

as・i・am.....いまが旬です。
彼女たちは皆すごいです。
その4つの力を兼ね備えた人たち。
自分の内側の光を知っている人たち。
いつの間に......。

もう一度言います。
as・i・am.....いまが旬です。
私も頑張ります。

そしてまた、大きな野望もないまま、進んで行きます。
Get wild more!

__.JPG
__.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

Chase the full moon! [ritual&ceremony]

I saw the last full moon in Osaka.
__.JPG
Where will I be seeing the next full moon.?
nice!(0)  コメント(0) 

電球の下で。 [ritual&ceremony]

大晦日の日、電球の下で、こんな本を読んだ。
たまたまそのカフェに置いてあった本だ。

著者のパリでの生活を綴ったエッセイだった。
ある日、電球が切れてしまう。
たった1つの電球だけれども、異国で、パリでその電球が切れるとなると勝手が違う。
希望の電球を手に入れるまでとても苦労する....という話。
かなりざっくりとした要約だが。
そして一山、二山あって乗り越えたあとに、ようやく電球を手に入れるのだ。
そのエッセイは、下の文章で締めくくられる。

「パリの街がいたるところが犬のくそだ。
ぬらりとしたやつを踏みつけて転べば、電球も卵も台無しになる。
fastina lente! さあ、ゆっくりいそげ」

ふ〜ん。

なんかいいなと思った。じわじわと響いた。

何かと不便なことが多い異国の生活。
東京の便利さに慣れてしまうと、旅で出会う〝コンビニないじゃんっ〟的な
小さな不便さにイラッとくる。
しかし不思議なことに、それと同時に生きてるな...という実感も得る。
刺激やスピードにアディクトしていく私たちの暴走を止めてくれるのはそんな不便さなのか?
矛盾しているようで、案外バランスが取れているかもしれない。

そんなことをぼ〜〜っと考えているときに、
大好きな友人からのメール着信。

「ありがとう
来年もよろしくです
ゆっくり暖かく」

ドキっとした。
そしてやっとカラダの奥底がふわっとほどけた。

旅先でたまたま出会ったカフェの本と、
大好きな友人と、
同時にもらったメッセージ

というわけで、今年はこんな感じで生きていこうと思います。
ゆっくりいそいで、あたたかく。

あと357日、忘れないでいられますように。
__.JPG

おやすみ。




nice!(0)  コメント(0) 

I just want to be. As I am. [ritual&ceremony]

__.JPG
 A HAPPY NEW YEAR!!!!!

I' am content with simple life.
No  pressure,
No  ecpectation,
No  appointments,
No  facebook and twitter
No  deadline 
No  TV,
No  Hip Hop(without EVISBEATS)
No   fashon..........etc,etc,etc......
No  people
becase I' m in  a middle of holidays!!!
 

I just want to be. As I am............
while  I can.


nice!(0)  コメント(0) 

月の光はないけれど。 [ritual&ceremony]

雨だから、台風だから、夜がより暗く、そして寒く感じる今宵。
でも、いちばんの理由は新月だからです。
求心力がぐっと高まって、
インスピレーションが冴える今夜は
どう過ごそうかな?

月にまつわる本って、思わず収集してしまう。
これも〝月〟を感じて生きることに一環なのかしらw
なかでも筆頭に私が好きなのはこちらです。
月にまつわる言い伝え。
大昔から、あらゆる土地で、あらゆる人々に語り継がれきたストーリー
古代エジプト中国ベトナム、ユダヤ民謡........

読み返すたびに自分にヒットする物語が変わってそれもおもしろい。
__.JPG
「月の光のなかで」キャロリン・マックヴィッカー・エドワーズ/著 椎名葉/訳

どんな変化もしなやかに、受け入れて、
でも自分の軌道は見失わないで、生きていきたい.......

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ritual&ceremony ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。