So-net無料ブログ作成
検索選択

ボディチューニングからボディ&センスチューニングへ [ボディチューニング]

asiam.jpeg
ボディチューニングという本を講談社から出してから、約3年がたちました。
当時のあの本のサブタイトルは?脳より身体を磨く人が成功する?
そうでした。たしか、あの当時は「脳」がトレンドでしたよね。
少し懐かしささえ感じてしまう......


あれからコツコツとまた、南青山の小さなアパートにて
クライアントさんたちの身体と対話させていただきながら、
日々ボディチューニングしていくうちに、
私自身のメソッドも進化していきました。
その進化を、上のサブタイトル風味にいうならば?身体と感覚、2つを磨く人が芯から変化する?でしょうか?
その名はボディ&センスチューニング。でも面倒だから略してボディチューニング
感覚(とくに触覚/体性感覚)を伴って動くことなくして、
身体を芯から変えることはできないと痛感しました。
多少、痩せたりはできたりしても、限界があるような気がします。


身体を芯、コアの部分から変化させるためには(リバウンドなどで苦しまないためには)
感覚を味わって、伴って、正しく動くことがマストです。
それがボディチューニングです。


ボディチューニングを理解するために、逆の身体の状況を思い若べてみるとわかりやすいかもしれません。
調子っぱずれ(out of tuing)の身体とは?
[バッド(下向き矢印)]固定的になること
[バッド(下向き矢印)]調和をくずすこと
[バッド(下向き矢印)]絶対的になること
[バッド(下向き矢印)]つながりを見失うこと


では、調子のいい(tuning inされた)身体とは?
[グッド(上向き矢印)]フレキブルで流動性かつ柔軟性をもつこと
[グッド(上向き矢印)]調和が取れること
[グッド(上向き矢印)]相対的になること
[グッド(上向き矢印)]つながること

ちなみに絶対的とは、ほかとは比べものにならないほど突出すること。唯一無二。
相対的とは他との関係において成り立つさま。

身体も自然もすべてはHolisticなんですね。
肉体も精神も心理も、すべての面を全体としてとらえて、
周囲のつながり自分らしくのびのびと動いていく.....のが理想だなと感じます。
それがボディチューニング。

たとえば、その具体例となりますが、こちらは男性版ストーリー
今年に入って10日短期間集中コースというのをはじめました。
私のトレーニングをすでに、2年以上は受けてくださっていましたが、この10日間で劇的な変化がありました。
それは何か.....という話。
ぜひぜひご一読いただきたいですが、要約してしまうと「感覚」をともなって動けたから。
Kさんは今までのトレーニングもありますし、
フィジカル面のボディチューニングはすでにできていました。
そのさらなる一歩、感覚をともなったボディ&センス(感覚)チューニングができたとに、
カラダのもっと奥深くから、そして自身の身体感覚からカラダが変わり始めました。
内側の変化が目に見えるように現れたことも嬉しかったです。
筋肉のつく位置も変わりましたし、多少、暴食があったとしても
体重の変動などはあまりなくなったのも事実です。

それはなぜか?

ものすごく掘り下げていくと少し難しい話になります。
Kさんは以下ふたつの動物脳にアクセスできたんだと、私は思っています。


★爬虫類脳(脳幹)→本能を担当   

★哺乳類脳(大脳辺縁系)→感情を担当

★人間脳(大脳新皮質)→理性を担当

これは脳の働きをかなり簡単に書いたものです。
「カラダの感覚」をともなって動くことは、当然、哺乳類脳と爬虫類脳、いわゆる動物脳を働かせることになります。
Kさんは、男性ですし、お仕事もコンサルティングという常に理性を働かせて、とてもスマートで
未来に意識を向けていくお仕事だと思うので.......理性を司る言葉を使うことに慣れている。
それはすなわち人間脳ですよね。


そして、交渉ごとは相手に通じる言葉で行われます。
私たちは日本語を話しますが、交渉相手がスペイン語を話せばスペイン語で交渉します。
同じように、カラダ・本能を呼び覚ますためにカラダを動かしているのであれば、
動物脳が使っている言葉でアクセスするのが有効ですよね。
それは、カラダの感覚を表す言葉です。


「う〜ん、今日はなんだか足が重くてだるい感じがしますね」
「みぞおちの奥、横隔膜のあたりかな、そこが少しひっぱられるような感じ」
「昨日ショックなことがあったから、それからずっと呼吸していることを忘れているかもしれない」


などなどなど。
現実における、カラダの改善とは、頭のなかで作る理想や思い込み、信念とは別物です。
常に刻々と変わっていく体調を感じ取り、現実を直視し、そして受け入れて、
その時その時にカラダにいちばん必要なことをチョイスしていく。
それがボディチューニングなんですね。


もとい、ボディチューニングの具体的な内容については、随時書いていきますね。
ちなみに、グループレッスンでも気軽に体験できます。
火曜日19時半から、土日の11時からクラスがありますので、
スタジオ(as・i・am/apartment)のホームページをのぞいてみてくださいね。




秋も少しずつ深まってきました.....
写真 のコピー.JPG写真 のコピー 3.JPG
写真 2 のコピー.JPG写真 1.JPG
心を動かす「色」ばかりが目に飛び込んでくる、感じる秋に。












nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。