So-net無料ブログ作成

パーソナルトレーニングの終点は? 〜A Training Begins Continues 2~ [パーソナルトレーニング]

m_2015-08-14T10-56-38-a6855 のコピー.jpg
パーソナルトレーニングの先にあるものとは?
トレーニングのゴールは?


と、前回の一話目、パーソナルトレニングのメリットの話から
いきなりネクストを語ってしまうのはどうかと思ったのですが、
ふみトレーナーがとてもいいことを書いてくれたので書きます。


それは人と動くこと
自分の体の中で調和を保ち、
さらに外、他者とか自然とか空間とか、外部とつながりを見失わないこと。
aiaaptにおいては、それはグループレッスンを意味しますが、
山登りだってサーフィンだってランニングだってなんでもいい。

でも、自分の体の中でまずは微細な感覚を味わっていないと、
それは他者やグループの中で味わえない。
いや、言いすぎたかもしれないですが、
集団の中、もしくは競技などのムーブメントの大きな動きになった時に
味わうのが難しいかもしれません。


だからまずは自分のカラダから。
パーソナルトレーニングは自分探し(自分体の感覚)のはじまりで、永遠ではありません。
卒業して下さい。
そしてわからなくなったら、いつでもまた確認にくればいい。

aiaaptのお客様たちは、そんな循環をしてくださっています。
復活組も多いのもとても嬉しいです。
やめていく(私たちはおやすみだと解釈していますが)のも自由です。
だから、新規のお客様もいつだってwelcomeです。
そんな人の流れも循環もとてもヘルシーだと思っています。
瞑想的(仏教観でしょうか)に言えば無常観
生物学的に言えば動的平衡


最後にひとつお金の話をします。
運動は何よりも継続することが大切です。
そのためにはどうやって生活の中にも組み込んでいくかが課題です。
だからコストは重要です。
パーソナルトレーニングは、巷のグループヨガよりも正直言って少々高いですが、

「いつかはグループレッスンに入って、(or 一人でランニングしても、サーフィンしても)
パーソナルトレーニングで得た達成感を得られるようにカラダの感覚をあげていく!」

という目標をもってやっていただけたら、投資になると思います。
カラダの動くうちに、感覚の若いうちに、一刻でも早く、始めたほうがいいと思いませんか?

かっこよく言うならば、パーソナルトレーニングは、
普通の日常に過ぎなかったことが、以前とは違う輝きを放つようになるテクニック。
普通に見えて普通でない、素晴らしい世界を生きたいあなたへ。
(これはすべてあなたの開花した感覚がなせる技なのですが)
いつでも、お待ちしています!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。