So-net無料ブログ作成

自律神経を整えるブリージング。 [からだのこと(リラックス)]

寒くなったり、暑くなったり.....
梅雨らしい不安定な天気が続いている。今日は肌寒いくらい。


先週お会いした方々が、みな
?「もしかして..........自律神経のバランスが悪いのかしら?」と、口にしていた。
女性も男性も、それぞれの分野の一線で活躍する方々だ。

《病は気から》という言葉があるが、医学的に言うと、この《気》は自律神経のことなのかもと思った。
この《気》を、気持ちだとかやる気だとか思っている人が
いまだにいるのかもしれないが、
星飛雄馬の養成ギブスくらい前時代的な健康観の象徴だ。


私たちが普段の生活ではあまり意識できない、
縁の下の力持ちのような役割の多い自律神経。
いちばん重要は仕事は、全身にはりめぐらせた血管をすべてコントロールすること。
37兆個の細胞ひとつひとつに栄養と酸素を血流が送る。
また血流には排泄物を体外に出したり、免疫細胞を運んだりする役割もあるので、
血流が滞ると細胞の機能が低下し、免疫力も低下する。

つまり…..

自律神経が整う
血流がよくなる
不快な症状がなくなる

というステップになっている。
?自律神経は脊柱のすぐサイドを通っていますので
姿勢にも関わるし、今回のアキラさん整体でもアプローチしていきたいところ。
もちろん、運動もバランスを整えることに一役買うことは間違いない。

正直言って、私はこの自律神経のバランスを取ることに命をかけているw というか、
日々格闘している。
好きなことを仕事にしているからこそ、ずっと考えてしまうし、動いてしまう....
カラダの声を聞けなくなるほど夢中になることもある。
いけない.....


運動にも整体にも今回これない方へ…おうちで調整する方法。
交感神経が優位になっている方におすすめの方法。

1.ゆっくりと呼吸を行う。まずは吸う息を4カウント、吐く息を4カウント。
 これをしばらく繰り返す
2.次は、吸う息を4カウント、吐く息を5カウントにする。[×]?repeat.
3.次は、吸う息を5カウント、吐く息を6カウント[×]?repeat

というように、吐く息をどんどん長くしていく。
吐く息がリラックスの副交感神経を導き、
吸う息が興奮の交感神経を導くので、どんどんリラックスしていく。
ということで、このやり方は交感神経が優位になりがちな方にオススメだ。


寝る前に。
たった15分。 
でもきっと人生が変わる。

__.JPG
__.JPG


































チェンマイの屋台で。天井を見上げたら、カラフルな傘とバケツがちりばめられていた。なんといもクラシックなデコレーションに、思わず笑みがこぼれた。連日39度、レイニーシーズンのはずなのに雨は一滴も降らず、心の中で毎日雨乞いしていたから、もう傘でもバケツでも降ってしまえ....ということなのか。雨の降らない時には雨を望み、梅雨には眩しい夏の日差しを夢見たり。人ってゲンキンだ。でも、何事もやはりバランスなんだ。私たちは、ぐらりぐらりと天秤のようにバランスをとって、その時その時に自分に必要な要素を取り入れていく。それは何か?  それはネットや雑誌の外からの情報だけじゃなくって、やっぱり自分のなかの感じる力。観察力。それを養っていくことをしたいなと最近、富に思う。外なる刺激をシャットアウトして、自分の中に耳をすませて。雨の日はそれがしやすい気がする。






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。