So-net無料ブログ作成

ベッドに入る前に。 [リストラティブヨガ]

(intro)→https://www.facebook.com/aya.uchida.737
まず、軽くあぐらをかきます。
両膝が開きすぎてしまう人は膝の下にブラッケットやヨガブロックを置いて
なるべく無意識に自分の力で支えないようにする。
脚ってむやみに開きすぎると、骨盤をたてるのが難しいのですよね。
骨盤がなるべく立つように、
必要な場合はブランケットを下にしくなどして高さ出します。
upper body=トルソーがとにかくまっすぐになるように(Flat Back)しながら
椅子に腕を組んでおき、おでこが腕につくようにして
首の力を解放する。頭を支えないようにする。
upper bodyが猫背にカールになるでもなく
反り返ってアーチになるでもなく、なるべくまっすぐにするように意識し、
呼吸を深く繰り返すたびに、背骨と背骨の間が開いていく、
あるいは座骨は床に、頭頂部は斜めの方向に伸びていくよう、
できるだけupper bodyの空間を広げていくようにする。
筋肉、関節、骨と骨の間、肋骨と骨盤の間、そして内臓と内臓の間までも
スペースを広げていくように。空間を作っていくように。


誰でもどこでもできるこのポーズ。
5分でも10分でも20分でもできる時間だけ。
人間っておでこをどこかにつけてあげるだけで、頭の中の思考がcalm downしてくる。
顎を下げる(Chin Down)すると興奮も冷めてくる。
泣きわめく子供の顎を下げて、そして頭に手を置いてあげたら、静まりますよね。
それと同じ。

派手に反り返ったり、ストレッチの極み〜〜〜っってとこまで前屈して円くなったり、
とにかく皮膚やカラダの刺激のあるものがみんな大好きだけど、
だまされたと思って、このまっすぐを保つ、
いや、まっすぐをより上下のコントラストを伸ばすポーズで1曲、呼吸してみて。

この上なく気持ちが安らぎます。
ということは、テンスなからだも解放されるということ。


仕事が忙しくて頭の中がぐるぐるぐるーって時もやります。
交渉時に興奮して、感情up setしまくり!!!な時もやります。
ママが手術室に入ってる時もしてたかなw


今日のリストラティブヨガは反らずに丸まらずにこのポースがからはじめました。
みんな、このポーズが最高に気持ちよかった....って言ってた。

だから.........やってみてね
Good night [揺れるハート]Sleep Tight[三日月]

rrr.jpg








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。