So-net無料ブログ作成

スヌ子さんとの最終回vol.5「めざめよ!味覚」です [ワークショップ/イベント]

お待たせいたしました!
昨年からはじめてみた、スヌ子さんとの
生きる底力を上げる感覚のワークショップ
とうとう!!!!最終回です(涙)
本日からご予約スタートしました。
どうかどうか、みなさんいらしてくださいね。
最後の挑戦は、味覚.......
二人とも、決死の覚悟でのチャレンジです。




【毎日おうちでできる、からだの基礎づくり。
 トレーナーAYA&料理家スヌ子と考える、動くこと・食べること】
 運動グループレッスン+料理ワークショップ(試食、飲み物込み)/8,800円(税込)


 vol.5「めざめよ!味覚」
 第1部→運動「Let's move and taste bitter & sweet」
~がんばった後のご褒美を味わう~
 第2部→料理「ポトフの滋味」▷▷▷

【日時】2月12日(日)11:00~15:00
【定員】14名
【場所】ギャラリーキッチンKIWI


vol.5「めざめよ!味覚」
第1 部 運動
Let’s move and taste Bitter & Sweet !
~頑張ったあとのご褒美を味わう~
動きにも味、フレーバーがあります。
何を隠そう、私が高校生の時に入っていたダンスチームの名前がK-FLAVA。
(K はきっとcool の略。FLAVA はFlavor が語源で、その人の個性、生き方のスラング)
女子だらけ10 数名、同じ踊りを踊ってもこんなにまでも違うものかと、
そこで動きのフレーバーを表現する楽しさと難しさを知りました。
ワークアウトではこの“フレーバー”が見落とされがちです。
でも、私は違うと思います。
一人の人間の中で出せるフレーバーの数が、動きのクオリティの証かなと思うのです。
ギターも一つの音しか出せなかったら、チューニングできません。
ぐっと身体にエナジーがみなぎるようなちょっとハードな動きの後に、
主に使ったパーツ、筋肉を伸ばすご褒美ストレッチ。
前屈した後には後屈。
スタンディングで動いた後には、脚が心臓より上に来るショルダースタンド。
Bitter & Sweet,両極の2つの動きの中で、
みなさんに動きのフレーバーを感じてもらいたいと思います。
そして、その日のベストのフレーバーにチューニングしていきましょう。
AYA

第2部
料理「ポトフの滋味」
触覚=おにぎり、嗅覚=お味噌汁、視覚=サラダ、聴覚=常備菜と
五感に沿ってお送りしてきたこのワークショップも、いよいよ最終回を迎えます。
残る感覚はズバリ、味覚。
総まとめの意味で、静かで力強い、本当のおいしさを追求します。
最後のお題は「ポトフ」。
野菜と肉をふつふつと煮る、ただそれだけの料理ですが、
なかなかおいしくできないという声も耳にします。
素材と向き合うこと。最大限うまみを引き出し、調和させるということ。
それが、食べ飽きない、体が素直に喜ぶ味を作るということ。
舌が感じる5つの基本味やうまみの追究、相乗効果など、
味覚については科学的に研究されつくされているようですが、
難しく考えなくても、私たちは知っています。
疲れたとき、がんばったとき、あまり食べたくないときでさえも、
しみじみと舌と心にしみこむスープの味。
生きていく底力、それは、どん底でもおいしいと感じられる能力。
人生に寄り添うお薬のようなそんなひと鍋を、覚えておいて損はないはず。
ポイントをおさえて、静かな気持ちで。
2月の寒い冬日、一緒に温かなお鍋に向かい合ってみませんか。
スヌ
__.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。